現代社会人の模範にも!吉田松陰のグッとくる名言10選

名言

今回は幕末に明治維新の原動力となった志士を多数育てた吉田松陰の名言を5つご紹介します。その前に…。

吉田松陰とは

Yoshida Shoin2
通称:吉田寅次郎
生年:文政13年8月4日(1830年9月20日)
生地:長門国
没年:安政6年10月27日(1859年11月21日)
満29歳没
没地:江戸
思想:尊王攘夷
活動:倒幕
藩:長州藩
投獄:野山獄、伝馬町牢屋敷
裁判:斬罪(罪状:老中暗殺を計画)
刑場:伝馬町牢屋敷
受賞:贈正四位
廟:桜山神社、松陰神社、靖国神社
出典:吉田松陰 - Wikipedia

吉田松陰は思想家・教育者として明治維新の原動力となった志士を多数育てた「松下村塾」の塾長を務めていた人物です。

松下村塾の顔触れはすさまじく、途中時代の渦に飲まれ志半ばで亡くなった志士もいましたが、初代内閣総理大臣となる「伊藤博文」や奇兵隊を創設し幕府を苦しめた「高杉晋作」、陸軍の元帥にまで上り詰めた「山縣有朋」など、確実に明治維新に必要となる人物が塾生となっていました。

そんな吉田松陰が塾生に教えた名言から5つご紹介します。

10位 

悔いるよりも今日直ちに決意して、
仕事を始め技術をためすべきである。
何も着手に年齢の早い晩いは
問題にならない。

吉田松陰『講孟箚記』

現代社会でも若くから起業して成功する人もいれば、40~50代から起業して成功する人もいます。この頃からそのような事を悟っているのはすごいですね。

9位 

至誠にして動かざる者は
未だこれ有らざるなり。

吉田松陰(出典:孟子・離婁章句)

誠意を尽くせば相手も応えてくれる。そのため、誠意を持って対応せよという意味ですね。元々は「孟子・離婁章句」が出典の言葉を吉田松陰が塾生たちに語った言葉のようです。

8位 

志定まれば、
気盛んなり。

吉田松陰

目標が定まればやる気がでるので、目標を設定せよという意味ですね。

非常にシンプルですが、非常に的を射た表現です。

7位 

死して不朽の見込みあらば
いつでも死すべし、
生きて大業の見込みあらば
いつでも生くべし。

吉田松陰

弟子の高杉晋作から「男子たるもの死すべきところはどこなのか?」と問われた際に答えたものです。死んだとしても名や功績を世に残すことができるのであればいつ死んでもよろしい。生きて大事業を起こす見込みがあるのであればいつまでも生きていよという意味です。

6位

奪うことができないものは志である。
滅びないのはその働きである。

吉田松陰

目標や夢は誰にも奪えるものではなく、死んだとしてもその功績は消えるものではないという意味です。シンプルですが深い言葉ですね。

5位

学問とは、
人間はいかに生きていくべきかを
学ぶものだ。

吉田松陰

学問のための学問ではなく生きた学問をせよという意味ですね。そのため、松下村塾でも登山や水泳など外に出て教えた学問も行っていたようです。

4位

人間はみな
なにほどかの純金を持って生まれている。
聖人の純金もわれわれの純金も
変わりはない。

吉田松陰

この頃から人間皆平等という意味の言葉を言っていますね。

3位

一つ善いことをすれば、
その善は自分のものとなる。
一つ有益なものを得れば、
それは自分のものとなる。
一日努力すれば、
一日の効果が得られる。
一年努力すれば、
一年の効果がある。

吉田松陰

継続は力なりという意味ですね。深いです。

2位

一日一字を記さば
一年にして三百六十字を得、
一夜一時を怠らば、
百歳の間三万六千時を失う。

吉田松陰

こちらも継続は力なりという意味ですね。

ブログも1日1記事で1年間で365記事溜まりますし、外国語も1日1語で365語覚えられます。

1位 夢なき者に成功なし

夢なき者に理想なし、
理想なき者に計画なし、
計画なき者に実行なし、
実行なき者に成功なし。
故に、夢なき者に成功なし。

吉田松陰

そのまま、成功者の心構えを説いています。


いかがでしたでしょうか。

吉田松陰は満29歳で亡くなっているのですが、その間にこれだけの名言を生み出し、優秀な塾生を育てるというのは既に人生を悟っていたようにも思える人物ですね。

現代社会人としての模範としてこのような名言を参考にしていきたいですね。

参考リンク

コメント